大きくする 標準 小さくする
  • HOME
  • Topics
  • Jリーグ優秀監督投票 途中経過

i-mobile 468*60

Tweet J LEAGUE

Jリーグ優秀監督投票 途中経過

2010/11/13

今シーズンのJリーグ優秀監督アンケート
なかなか白熱した争いとなっています。

2010年11月13日(土)17:00時点での途中経過

1位 小林伸二(山形) 88票
2位 ストイコビッチ(名古屋) 78票
3位 クルピ(C大阪) 47票
4位 ペトロビッチ(広島) 30票
5位 フィンケ(浦和) 20票

並みいる外国人監督を抑えてトップに立っているのは
なんと、モンテディオ山形・小林伸二監督。
かつて、大分トリニータをJ1に昇格、堅守大分の基礎を作り上げたのをはじめとして
その後、セレッソ大阪を率いた時には優勝争いも展開
モンテディオ山形就任1年目でJ1昇格、去年は低予算のチームを残留に導き
今年も残留濃厚というとこまで来ているだけに、この評価も不思議ではないところか。
コメントを読んでみても、サポーターたちのハートをぐっと掴んでいることが伺えます。

2位には名古屋グランパスのストイコビッチ監督。
言わずと知れた名古屋のカリスマ
現役時代・ピクシーと称された華麗なプレーさながらに
攻撃的で躍動感あふれるサッカーができるチームを3年かけて作り上げてきました。
今年は闘莉王、金崎などの積極的補強も上手く嵌り
選手層の厚さと勝負強さの加わったチームは首位を独走中
あの名将・ベンゲル監督でも達成できなかったJリーグ制覇が近付いてきています。

ようやくJ1の舞台に帰ってきたセレッソ大阪を率いるクルピ監督はパス回しを中心とした
攻撃的サッカーで昇格1年目のチームを優勝争いに加わらせるなど手腕を発揮。
香川のシーズン途中での移籍などあったものの的確な選手補強と起用でザルッソとも
称された脆い守備のチームを安定させ、しっかり立て直してきました。

この3人に続くのはペトロビッチ(広島)、フィンケ(浦和)、オリベイラ(鹿島)と3年以上チームを
率いている外国人監督が上位を占めています。

新人監督ではアルビレックス新潟の黒崎久志監督、FW矢野など主力が次々と抜ける中で持ち駒を
やりくりしながら上位争いに顔を出し、ホームスタジアムでは優勝を争う名古屋、鹿島などを連破するなど
リーグの盛り上げ役となっており、その采配はなかなかのもの。
鹿島での現役時代、共に戦った秋田豊(京都)、相馬直樹(町田ゼルビア)なども
監督としてほぼ同時にキャリアをスタートさせているだけに
競い合いながら日本サッカー界を牽引していきそうな気配。

J監督投票はシーズン終了後の12月10日あたりまで投票受付予定です。
投票よろしくお願いします。
J優秀監督投票

こちらもどうぞ。
FIFAバロンドール&年間最優秀監督